もしもの時は... 0120-554-872 24時間・年中無休 直通ダイヤル
※事前相談も承ります

安心できる経験豊かなスタッフ

厚生労働省認定”葬祭一級ディレクター”によるアドバイス、女性コンシェルジュによる、きめ細やかなお手伝いをさせていただきます。

故人様を拝顔し、
ご挨拶から始まる心

故人様を拝顔し、
ご挨拶から始まる心

コンシェルジュ / 小栗 一代

 故人様を大切にすることが私たちの一番の思いです。 それが、ご家族様に寄り添うことにもつながると考えています。故人様、ご家族様にお会いした際は、まず故人様に拝顔させていただき、静かに手を合わせ、「お世話させていただきます。よろしくお願い致します」と挨拶をしたのち、ご家族の方々にご挨拶をさせていただいております。 お通夜の前から葬儀・告別式、初七日を経てご自宅にお帰りになるまで、できるだけご家族の皆様方の思いを汲み取り、可能な限り実現させたいと考えています。

 先日、事前相談にお越しいただいた方からご指名をいただきました。故人様は喪主様のお母様。お孫さんからお子さん、ご家族の皆さんで、毎日、体を拭いて差し上げたとお聞きしました。会場に思い出コーナーをつくり、様々な思いをカタチにされていました。葬儀後、喪主様は、かなり気を落とされていました。今も2週間に一度くらい、故人様の大好きなカサブランカをお持ちしながら、お顔を出させていただいています。

 最近は、大きなお式を担当させていただく機会が増えました。故人様の会社の関係の方がたくさんお越しになっても、喪主様である奥様はどなたなのか、どのような関係なのかを存じ上げていないこともあります。私たちは、ご遺族の方に、故人様との最期のお別れを心ゆくまでおこなっていただけることを望んでいます。そのために、私たちができる限りご遺族の手足になり、耳になり、お手伝いさせていただきたいと思います。

 葬儀は厳粛なものですが、私たちは、ご葬家の皆様の温かなお気持ちに寄り添うものだと思っています。心のサービスだけはどこにも負けないと思い、日々臨んでいます。

葬儀に詳しい親戚の一人と
思っていただきたい

葬儀に詳しい親戚の一人と
思っていただきたい

コンシェルジュ / 梶田 綾子

 何かわからないことがあったら、気軽に声をかけて聞いていただけるような、身近に感じていただけるような存在でいたいと思っています。葬儀に詳しい親戚の一人のように思っていただきたいのです。

 以前、若い方のご葬儀を担当させていただきました。ご家族様の憔悴しきった状態、看病での疲れが出ている中で、私にできることは何でもさせていただきたいという気持ちでお世話させていただきました。その分、故人様とゆっくりお別れをして、少しでも気持ちを落ち着けていただきたいと思いました。

 最近は、お客様との対応にもゆとりが出てきたように感じています。全体が見えるようになる中で、ご遺族に対してもっとできることはないかを考えるようになりました。いつも心していることは、決して事務的にならないこと。斎場を出て行かれるまで、気を抜かず心に寄り添った、温かい対応ができるように思っています。

  ご遺族の中には、事細かに伝えてほしいと思われる方もいらっしゃいますし、逆に細々したことより、静かに故人様と一緒にいさせてほしいと思われる方もおいでです。その際に、黙ってもいても見守り続ける、何かあったらすぐに対応できるような、包み込むようなお世話ができたらと思っています。

ご遺族様と一緒に故人様を送らせていただく

ご遺族様と一緒に故人様を送らせていただく

コンシェルジュ / 野口 愛

 父の葬儀を経験後に入社しました。人生の節目を大切にしたい、人の最期を見送る大切な仕事をしたいと思いました。そして今、私たちの仕事の素晴らしさを感じています。ご遺族様から「良いお式でした。野口さんありがとう」とお声をかけていただけたときは本当に嬉しいですし、この仕事を選んで良かったなと思います。

 印象深いお葬儀があるんです。お父様を亡くされてお葬儀をさせていただきましたが、その二週間後に、お母様も亡くなられたんです。そして、私がご夫婦を担当させていただいたのです。ご遺族の悲しみは、計り知れないものだと思います。それでも心に寄り添っていきたい。葬儀後も私たちはお世話させていただきます。「落ち着かれましたか? お体を大事にしてください」と声をかけさせていただくことしかできませんが、それを積み重ねながら、ご遺族を見守っていけたらと考えています。

 常に第一印象を大切にしています。最初から気さくに何でも聞いていただける、話していただける雰囲気をもって接しているつもりです。ご遺族様と一緒に故人様を送らせてくださいという気持ちで対応しています。式が終わって、豊格院をあとにされる時には、心安らかにお帰りいただきたいと思います。これからも一つひとつの葬儀を大事にしていきます。

棺の蓋をしめる最後の瞬間を大切に

棺の蓋をしめる最後の瞬間を大切に

コンシェルジュ / 伊藤 雅子

 これまで結婚式場のお仕事をしていました。結婚式ですと、長い方で1年、平均すれば半年くらいの期間でお打ち合わせをさせていただきます。ところが、お葬儀はだいたいが通夜、お葬儀の2日間です。この2日間で、ご家族の思いを自分で感じてお手伝いさせていただきます。ご遺族のお話を聞いたり、表情を見たりしながら探りながらの状況です。難しいと感じることもありますが、やりがいもあります。

 私は、柩をしめられる最後の瞬間まで、故人様とゆっくり過ごしていただきたいと思っています。そのためには、通夜、葬儀にわたり、ご遺族にはなんの心配事もなく過ごしていただきたい、そのようなお手伝いができたらいいと考えています。

 柩の蓋をしめられるとき、毎回、私も胸があつくなり、涙が出そうなときもあります。ご遺族の悲しみには程遠いかもしれませんが、気持の上では故人様を一緒に送らせていただいています。

 ご遺族様から「気持ちよく葬儀をおこなっていただいてありがとう。すごく良かった」というお言葉をいただくことが励みになります。たくさんの失敗を重ねながらですが、1日も早くご遺族様に信頼していただける、安心して任せられると言っていただける仕事をしていきたいと思います。

故人さまの最期をご遺族様と見送る

故人さまの最期をご遺族様と見送る

コンシェルジュ / 脇淵 悠華

自身の曾祖母の葬儀に参列した際に、担当してくださった方の姿がとても印象的でした。母や祖父母がその方に感謝している姿を見て、私も人の最期を見送る仕事がしたいと思いました。高校3年生の時のことです。卒業後は、他社でサービス業に従事していましたが、どうしても夢をあきらめられなくて、2018年4月に入社しました。

私はご遺族様の、故人様に対しての思いを一番大切にしたい。打ち合せでも、できる限りお客様の立場に寄り添ってお聞きしたいと思っています。
担当させていただいたお客様のお話では、私と同じような年齢のお孫様が買ってきたプリンをひと口食べたのが、最後の食べ物になったそうです。お孫様は、どうしてもプリンを柩に入れたいと希望され、それを収められている姿に心打たれました。また、それを見守っているご家族様の温かさも、しっかり受け取らせていただきました。これが最期を見送ることなんだと教えられました。

これからは、もっと経験を積んで、いつでも何でも相談していただける、そして人生の最期をご遺族の皆様と一緒に、心から見送ることができるスタッフになっていきたいと思っています。

豊格院のご案内Guidance

常に厳粛さを保ち十分な配慮を
もったご葬儀をお世話させていただきます。

豊格院が選ばれる10の理由
guidance01

多治見斎場

アクセス

guidance02

土岐南斎場

アクセス

guidance03

ファミール 多治見中央

アクセス

guidance04

ファミール土岐

アクセス

guidance05

ファミール土岐口

アクセス

guidance06

ファミール多治見西

アクセス

guidance07

ファミール瑞浪

アクセス